HOME > 当社の取り組み > 黄綬褒章・現代の名工




弊社代表取締役 後藤春雄が「黄綬褒章」を受章いたしました

平成26年 秋の黄綬褒章を弊社代表取締役 後藤春雄が受章しました。
「多年アーク溶接工としてよく職務に精励したこと」が評価されての授与となりました。

日頃より御愛顧頂いている御取引先の皆様をはじめ、御関係者の皆様に感謝申し上げるとともに、この度の「黄綬褒章」の受章を励みとし社員一同より一層の努力をし、また業界の更なる発展に貢献して参る所存であります。
今後ともご指導、ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

内閣府 平成26年秋の褒章受章者について (厚生労働省内サイト)
褒章受章者名簿LinkIcon (厚生労働省内サイト)

・黄綬褒章とは
「農業、商業、工業等の業務に精励し、他の模範となるような技術や事績を有する方※1」、「その道一筋に業務に精励し民衆の模範となる方※2」を対象として授与されています。

※1 内閣府 褒章の種類及び授与対象より引用
※2 厚生労働省 平成26年秋の褒章受章者についてより引用

黄綬褒章受章祝賀会にて

クリックすると拡大します。



弊社代表取締役 後藤春雄が「現代の名工」に選出されました

弊社代表取締役 後藤春雄が、平成24年度「現代の名工(卓越した技能者)」表彰を受賞致しました。
受賞内容は以下の通りです。

第3部門 金属溶接・溶断・めっき工、その他の金属加工等の職業

アーク溶接工

技能功績の概要

 49年間にわたるキャリアの中で多種の素材の加工に挑戦し、豊富な知識と経験を蓄えた。業会一般の公差が±3.0mmのところ、誤差±1.0mm以内での施工が可能であり、卓越した加工技術を有している。
後進の指導にも熱心であり、一般社団法人宮城県溶接協会主催の講習会のほか、東北少年院、宮城県石巻高等技術専門校、県内各高等学校において溶接技術講師を務め、更新技術者の育成に貢献した。

平成24年度卓越した技能者(現代の名工)表彰対象者決定 (厚生労働省内サイト)
平成24年度 卓越した技能者表彰 被表彰者名簿LinkIcon (厚生労働省内サイト)


現代の名工(卓越した技能者)とは
「制度の概要の趣旨において、卓越した技能者を表彰することにより、広く社会一般に技能尊重の気風を浸透させ、もって技能者の地位及び技能水準の向上を図るとともに、青少年がその適性に応じ、誇りと希望を持って技能労働者となり、その職業に精進する気運を高めることを目的としている」としています。

※厚生労働省 「卓越した技能者(現代の名工)」表彰制度のコーナーより引用

撮影 河北新報社編集局写真部 小林一成様

クリックすると拡大します。