HOME > 当社の取り組み > 溶接競技大会への取り組み

宮富士工業では溶接技術向上の為、溶接技術競技大会へ出場しています


溶接技術へのこだわり

  • 弊社では、溶接技術の向上を目的として、JIS検定試験、一級技能士試験に取り組んでいますが、もう一つ技術向上の為に欠かせないものとして、溶接技術競技大会への出場があります。
  •  もちろん、出場するだけでは目的は果たせません。より良い成績、優勝を目指すべく社員同士が切磋琢磨し、仕事の合間には練習に励んでいます。
  •  社員同士が競い合い、また教え合う、そして競技会場で他作品から刺激を受ける。そのような環境の中に身を置くことで、日々進化し続ける事が出来ると考えています。
  •  自分の腕が試される。
  •  溶接技術競技大会は私たちにとって、技術向上には打って付けの場所です。
  •  私たちはこれからも挑戦し続けていきます。




令和1年11月27日、東京プリンスホテルにおいて「一般社団法人 日本溶接協会 創立70周年記念式典」が開催されました。その式典の中で「第1回日本溶接協会マイスター」の認定証の授与と副賞を贈呈が行われました。

日本溶接協会マイスターとは、優秀な溶接技能を有し、かつ溶接界へ技能教育等を通じて貢献のあった方を顕彰す制度の事であり、本制度は優れた溶接技能を 持つ方のプレゼンスを高めるとともに溶接教育を拡大し、技能伝承の強化と溶接品質 向上を図ることを目的としています。

第1回目にあたる日本溶接協会マイスターには全国で24人が認定され、その中の一人として、この度弊社工場長である高橋茂男も認定されました。
全国大会での入賞の実績もあり、また、地域の工業高等学校、高等技術専門校、企業などに「ものづくりマイスター」として実践的な実技指導を行い、技能の継承や後継者の育成を行ってきたところが評価され今回の認定にいたりました。














平成29年度(2017年)
宮城県溶接技術競技大会 炭酸ガス半自動溶接の部 ”優勝” (全国大会出場)
平成28年度(2016年)
宮城県溶接技術競技大会 炭酸ガス半自動溶接の部 ”優勝” (全国大会出場)      〃      ”2位” 
平成27年度(2015年)
宮城県溶接技術競技大会 炭酸ガス半自動溶接の部 ”2位” 
平成21年度(2009年)
宮城県溶接技術競技大会 炭酸ガス半自動溶接の部 ”優勝” (全国大会出場)
平成18年度(2006年)
宮城県溶接技術競技大会 炭酸ガス半自動溶接の部 ”優勝” 高橋茂男(全国大会出場)      〃      ”2位”      〃      ”3位”
平成17年度(2005年)
宮城県溶接技術競技大会 炭酸ガス半自動溶接の部 ”優勝” 髙橋秀昌(全国大会出場)
平成16年度(2004年)
宮城県溶接技術競技大会 炭酸ガス半自動溶接の部 ”優勝” 高橋茂男(全国大会出場)
平成15年度(2003年)
全国溶接技術競技会 炭酸ガス半自動溶接の部 ”9位(優秀賞)” 高橋茂男
宮城県溶接技術競技大会 炭酸ガス半自動溶接の部 ”2位” 髙橋秀昌
平成14年度(2002年)
宮城県溶接技術競技大会 炭酸ガス半自動溶接の部 ”優勝” 高橋茂男(全国大会出場) 炭酸ガス半自動溶接 初球の部 ”優勝” 菊池洋行
平成13年度(2001年)
宮城県溶接技術競技大会 炭酸ガス半自動溶接の部 ”優勝” 高橋茂男(全国大会出場)